FC2ブログ

こっちの刃が欲しくなる!?

どうもです
もし、紅のドカが幻想・空想・妄想だけで書きあげた青春スポコン・バイク小説が、ハリウッドで映画化されるのなら・・・
必ず、ドゥカティ996(紅のドカ仕様)と、GSX1100S刃(ヨシムラ1135R仕様)の2台は、出演させる予定の・・・
将来はハリウッドに映画進出を狙っている~
紅のドカです


さてさて、いきなり大風呂敷を広げてしまい収拾がつかないオープニングですが・・・

さっさとタイトルの方の話題に進みますYO
(つД`)ノ

紅のドカの生まれである・・・ドイツ・ケルンで開催されている・・・インターモトで

Σ(゚д゚lll)アレ?生まれが・・・ドイツ??・・・まぁ、軽く流しましょう~~

スズキさんが・・・
現代風にアレンジした



2019KATANA
を発表しましたネ

なかなかの話題になっていますが・・・
(*^ω^*)

その話題の中でも、やはり気になるのが・・・・
あの耕耘機のようなアップハンドルは、何とかならないのか!?
セパハンにして、ハンドル位置を下げたら、カッコイイのでは!?
(・・?)

・・・という声が多いみたいですよネ

紅のドカも・・・あのやたらと高い位置にあるハンドルは・・・正直ダサいと思います
d( ̄  ̄)

スズキさんの2019KATANA開発者たちは、どういう心境で、かつての刃狩り(1980年代)をイメージさせるような・・・あのやたらと高い位置にハンドルを決めたのか!?

もしや刃の(悪き)伝統なのか!?

しかも、2019KATANAはバーハンドル専用で・・・トップブリッジ下にセパレートハンドルを装着できないようになっているみたい



最悪だ~~~
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

どうして、そんなバカな事をしてしまったのだ~~

純正でバーハンドルのアップは、馬鹿げた行為だったとしても
せめて、ダサいバーハンドルを取り外した時に、セパレートハンドルが装着できるように、カスタムの余地を残しておくべき・・・ではなかったのか!?
・・・と紅のドカは強く思うのですYO

紅のドカ的には・・・
バイクは、乗り易さも重要だが・・・

その前に

バイク自体が、ノーマルの状態で、すでにカッコ良くてはならぬ

これが・・・紅のドカのモットーです
d( ̄  ̄)

ノーマルの車体が、ほぼほぼ芸術品ではないか!?
・・・と思えるくらいに素晴らしく美しい出来上がりである・・・そんなマシンこそが、BESTな市販車であると言えると思うのです

そして最高に美しいマシンをさらに、自分色に(カスタムして)染めていく事で・・・それは至高のマシンになっていくのであると思うのです

それが購入する前から・・・ここを交換すれば、見た目がカッコ良くなるのに~~~
( ̄◇ ̄;) 惜しい!!
・・・と、ノーマル車状態を否定する所から始まるバイクって

初めにカスタムありき!!・・・というスタート地点が低すぎるマシンは・・・
紅のドカ的には、どうかと思う所があります

カスタムをすれば、何でもそれなりにカッコ良くなるヨ
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

でも、スタート地点が低いマシンは、カスタムを施したゴール地点も、大して上まであがらない・・・ことが多い(たまに例外もありますが)

それゆえに、マシンが一般公開された時の、スタート地点の仕上がりの高さと美しさは重要だと思うのです
d( ̄  ̄)

さてさて、その点・・・2019KATANAさんは、どうなのでしょうか????
コメントに困りますが

ひと言を残すのなら・・・カスタムを施したら、カッコ良くなりそうですネ


さてさて、そんな少し心配になる2019KATANAさんの陰で、ひっそりと隠れて、公開されたマシンがあります

それが・・・

SV650X 2018年欧州仕様



をベースにしたコンセプトモデルです

その、気になるコンセプト・モデルの前に・・・

なんか・・・

この、スズキSV650X・・・

めちゃ×2 カッコ良くないですか!?
(*≧∀≦*)



写真の角度がイイのかな!?

ちょっとだけ、バイク欲しい病がうずき出してしまいそうな・・・そんな気配さえしてしまう
カッコ良さですYO
\(//∇//)\

さてさて、脱線話しから元に戻りますYO

このベース車がすでにカッコ良い、SV650Xのマフラーを交換して、魅惑のハーフカウルを装着すると~~~



\(◎o◎)/! クハッ!!!!

刃じゃん!!!

カッコイイ!!!
(((o(*゚▽゚*)o)))♡

2019KATANAよりも、ベースとなったGSX1100S刃に近いデザインではないか!?

エンジン650cc2気筒な・・・



SV650 TANTO(短刃)

・・・らしいです

リアシートがイマイチ、ダサさが残っていますが・・・
2019KATANAのように、最近流行りのショート化されていない分だけ
そこらへんを何とかしたら・・・

結構、カッコ良い 短刃になりそうですよネ

・・・っていうか、売れそうな気配がするwwww
(*゚▽゚)ノ

この短刃というコンセプト・モデル・・・
別売りのハーフカウル(刃)を装着しただけ・・・みたいなのです



イイね!!

この(短刃)KITは、日本で売れるのでは!?
そんな予感しかいたしませんですYO

しかも、SV650Xのノーマル・ハンドルは・・・2019KATANAで大問題になっている!?・・・絶対にセパハンが装着できないような、バカげた作りではなく

最初から、ノーマルな状態で・・・
セパハンなのだ!!!!
d( ̄  ̄)

だから、どの角度から見ても
カッコ良いのだ!!
納得です



どうして、SV650Xはセパハンにしたのに、2019KATANAはセパハンが取り付けれないような、バーハンONLYな、ダメな作り方をしてしまったのか・・・謎しか残りませんYO

かつての刃のデザインに憧れている~~
紅のドカのような人には、オススメかもしれませんネ
この短刃は~~

2019KATANA を購入するお金があれば、きっとリアシートまでも含めて、キレイにカスタム出来そうな気配がする~~

V型2気筒650の、異色な刃風なTANTO(短刃)・・・
何となくコッチの刃が欲しくなりそうな~~
紅のドカでした~~
ではでは(=゚ω゚)ノ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR