FC2ブログ

りんごウォッチ6 買ったよん

どうもです
小さい電子機器・・・
ガジェット大好き~~♪
でも歳のせいか!?
夜になると~スマホの小さい文字が読み取りづらいんです・・・な

マイケルローガンが背後から肩を叩いて
そろそろ見知らぬふりは辞めて
事実をありのままに認めようYO
・・・と声をかけてきても!?
裸眼視力で頑張り続ける~紅のドカです


さてさて
すでに過ぎ去ってしまった!?
9月18日(金)は・・・

りんごウォッチ6の発売日でした

アップルストアから
ダイレクトnet通販で購入した
紅のドカの元にも
しっかりと

会社から家に帰ると~~~
アップルさんから
りんごウォッチ6が
家に届いていましたよん



何の色気もない~~
やたらと長細い
段ボール箱で送られてきたので・・・

∑(゚Д゚) クハッ!!!
もしかして・・・

ヤンマガの懸賞で
ご自宅用カラオケ・マイク
・・・でも当たったのか???と思ったあるヨ

そんなカラオケマイクの懸賞に応募した記憶はないですけどネ
( ̄▽ ̄;)

さてさて
神聖なるりんごウォッチ・・・・
開封の儀



茶色の段ボールの中から

真っ白な



りんごウォッチの
アップルさんの外箱がようやく出てきました♪



たかが腕時計で・・・
なんだか・・・
箱・・・大きすぎない!???



もしかして
何かの手違いで!?
アップル社製のりんご飴細工な~~
真っ赤なりんご型の置き時計だったら
どうしよう!?

そんな心配をしつつ

箱を開けてみると・・・

中から・・・また箱が!!!

マトリョーシカか!?



いやいやコレはまだ紙の蓋で
コレを開けると~



出た!!
りんごウォッチ
・・・の絵柄が入った箱!!

そして下段に!?
もう1つのハコが!?



どうやら
りんごウォッチと
腕バンドは別々になっているらしい

まず・・・サブ的なバンドを開封



初めから・・・
大きいサイズと小さいサイズの2パターンが入っています

わりと親切ですネ
そこはコストcutしないのですネwww

自分の腕には
大きい方はかなり大きすぎだし
小さい方はギリな感じ

う~~~~ん
微妙だ~~

でも、りんごウォッチ6用に
すでに外部カバーとバンドが別で購入してあるので

アップル純正バンドは
どっちの長さでも良いのですが・・・
(−_−;)

純正バンドを一度も使わない・・・というのも
りんごウォッチの持ち主としては
多くを語れないので

とりあえず
小さめのバンドを使用です

りんごウォッチは・・・
バンド部分を
専用工具も無しで
簡単に取り外せて
簡単に付け替えが出来るのが
便利で楽しいですネ
╰(*´︶`*)╯♡

そこら辺はアップルさんの
優しさが溢れ出てきていますよん


さてさて・・・そろそろ
メインディッシュに行こうか~~

りんごウォッチの箱を開けてみます



中央から右側の大部分のエリアを占めているのが・・・



りんごウォッチ専用の充電ケーブルです

このケーブルのために
この外装箱はこんなにも
細長く作られているのですネ~

でも、このケーブルは
iPhoneと同じライトニングケーブルではありません
専用のマグネット式充電器です

そして・・・究極のコストカットとも言うべき
コンセントUSBアダプターが有りません
((((;゚Д゚)))))))

自分的には・・・欲しかったナ~~
どうして、そこをケチッた!?
(ㆀ˘・з・˘)

さてさて
気になるりんごウォッチ6君

仰々しい箱の大きさの割には
小さいです

まるでエレベーター1Fのボタン・・・1つみたいな
ケースに入っています




ケースからりんごウォッチを取り出してみる

∑(゚Д゚)クハッ!!

めちゃくちゃ小さいですし
かなり薄いです



写真は背面です

公称・・・18時間はもつはずのバッテリー
・・・のおかげで

本当に厚みが薄い!!

今まで使っていきた
安物中華製ウェアラブル端末機の分厚さからしたら
驚異的な薄さだ

説明書通りに
バンドを装着して



腕に巻いてみる



うわっ!!

凄い!!!



そして・・・
アップルの純正バンド
とても付け心地が良い!!

まるで・・・ぬるま湯のお風呂につかったような
妙な安心感です

コレは・・・アリですネ
・:*+.\(( °ω° ))/.:+

せっかく別途購入で
バンドまで一体式のカバーを購入してあるのに
純正のバンドの付け心地の良さは・・・ヤバい

そして
バッテリーを犠牲にしてまで!?
その薄さにこだわった!?
りんごウォッチ本体の厚みがとにかく素敵です

厚みがあまり気になりません



バイクに乗る時には
何もカバーを装着しない
この純正の厚みの方が
良いかもしれませんネ

コレは・・・癖になるるる

でも・・・
ガラス面にフィルムも貼って無ければ
本体側面をガードするカバーも無いと

未分不相応な貧乏人は
かなり不安になります

自分のように
屋外での作業がある人は
すぐに
りんごウォッチの液晶部分に
クリティカルHITを与えてしまいそうで怖い

そもそも・・・
りんごウォッチ6のお値段
5諭吉ですからネ

漱石4~5人で買えてしまう
中華製スマートウォッチの10倍ですからネ

大切にしなくては~~~
・・・って事で

次回は・・・
まだまだ本体の操作はないのか!?
りんごウォッチ
とりあえず過保護化計画です

ではでは(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR