FC2ブログ

ついに・・・キターーーーー!!

どうもです
前回のブログにて~
待ち人・・・来たる、でも遅し!!
・・・的な占いを引いてしもぅた~
出産しか良い事がない運勢の~紅のドカさんの元に

謎の箱が送られてきた



謎の箱・・・と言えども?!
何故か?DUCATIのマークが見える

ムムムムム??
(¬_¬)

ドゥカティのオフィシャルなパーツは頼んだ覚えはない・・・けど~
その前に・・・
どう見ても、この箱・・・使い回しですよネ

まさか???
アレがついに来たのか???
(´∀`*)

まさかのアレとは??

オークションで落札したのに
不思議な事に!?
現物が無く~
商品が自分の手元に届くまで
1ヵ月~2ヵ月かかると言われた~

落札されてから
作ってるの??
マジかよー?!
何だか怪しいな~
( ̄▽ ̄;)

ちゃんと届くのかよ?!
:(;゙゚'ω゚'):

・・・と50日間も待ち続けて
気が付けば令和3年になってしまった!?

本当にアレが届いたのか??

ドキドキしながら
箱を開けると~

ビニールに包まれた?!

北海道、阿寒湖名物
鮭を咥えた木彫りのヒグマ



・・・ではなく!!

愛機 紅のドカ996用の
リアフェンダーだ~



やったーーー!!
騙され&オークション詐欺に会うことなく
ちゃんと注文した商品が送られてきた事に
安堵のため息
(´∀`=)ホッ

マシンに装着する前に
じっくり送られて来た商品を確認してみる



カタチはオークションの写真の通りだし
新品というだけあって
傷や汚れはない



でも、コレ、本当に・・・



ディライトのカーボンリアフェンダーなのか??

ちょっと、何というか・・・
急いで謎のバッタモン工場の3Dプリンターで作り上げて
カーボンシールを貼ってみました
・・・的な手作りな臭いがするるる
( ̄▽ ̄;)

でも、材質はカーボンみたく
軽いです
プラスチックな製品ではないです

意地悪く商品をひっくり返してみると~



うわっ!
どこにも・・・ディライトのメーカー名の表記がない

ちゃんとしたメーカーモノなら
目立たないように
何かしらのマークくらい入っているよネ



上の写真は穴が開いて取り外した
カーボンリアフェンダーです

まぁ、裏側になってしまうメーカー名なんて
一度装着したら二度と見る事はないですが~

でも、裏側は結構、雑な感じの作り

大丈夫かな???



そもそも
絶対にディライトの正規の商品ではないよね、コレ

ディライトのカーボンリアフェンダーの型から
コレを作り出した
バッタモンだよネ
( ̄▽ ̄;)

お値段も新品のくせに相場よりも安かったし



そもそも新品なくせに
すぐに送れない~
・・・1~2ヵ月の期間が必要って
制作時間が必要・・・って意味だよネ
(~_~;)

まぁ、裏面は本当に見えない箇所になるから
別にイイんだけどネ~
・・・と自分を納得させつつ

装着です

取り外しの時も
結構、大変でひたが



今回の取り付けも
かなり、大変でした

まさしく知恵の輪状態で



ブレーキホースを上手く取り回して
このリアフェンダーを定位置に合わせるのが
本当に大変で~

30分ほど
あーでも無い
こーでも無い
・・・と、格闘して

何とかブレーキホースをクリアして
装着完了!!!



(((o(*゚▽゚*)o)))♡ やったー

愛機 紅のドカ996号
令和3年の1月中旬になって?!
ようやく走り出せる体勢が整いました



ディライトのたぶん・・・バッタモンですが・・・



ボルト穴位置もピッタリで
いい感じに収まってくれています

タイヤとのクリアランスもバッチリで
コレでもう
タイヤのセンターを
カーボンリアフェンダーがズリズリと
すり減らしていく
そんな最悪な事態ともオサラバです



後は実走行にて
間違いがないか!?
チェックです

ではでは(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト



コメント

§

こんばんは

やっと着ましたね
何はともあれ無事に届き、ご苦労があったとしても無事に装着出来て良かったですね

裏の仕上げ そんなもんじゃないですかね?
フェンダーの機能はバッチリみたいですのでいいんじゃないですかね
完全に他人事のコメントですね(笑)

§ 怪しいパーツ♪

コメント、ありがとうございます、M氏さん

オークションで落札して約2ヶ月も待たされると
何となく騙されているのかな????
・・・とそんな不安な気持ちにもなりますが

こちらの期待を裏切ることなく!?
出来立てホヤホヤな感じな
怪しいバッタモンなパーツを送ってきてくれて
ラッキーでした

そもそも20年前のマシンの
パーツを新品でストックしているなんて
ちょっとオカシイですもんネ
しかも・・・ディライト製のパーツが在庫で残っているとは
あまり思えない

でも・・・複製用の型が残っているのが凄い・・・と逆に思えます

裏の仕上げは・・・何だか怪しいですYO(笑)
どうせ見えなくなる箇所ではあるから
気にしてはいけない所でもありますが

後は走り出して・・・
何年・・・その機能を果たせるか???
すぐにヒビが入って
壊れたら
笑ってしまいますが・・・

こればっかりは
数年、走ってみないと分からない
いや、数カ月で・・・・というオチだけは
いりませんが

怪しいバッタモンのパーツの今後が
どうなるかは・・・
ブログで報告していきますです

ではでは~~~(=゚ω゚)ノ

§

当時はリアサスのロッド部のみガードするパーツとかも有りましたね。

§ 守備範囲が狭いのでは?

コメント、ありがとうございます、GS乗りさん

かつて・・・そんなレアな・・・そこだけ隠す!?的なパーツがありましたネ
覚えていますヨ~~

アレを装着している916系乗りの方は、見た事がないですけどネ・・・

自分的には・・・そこだけ守るんだ~~
守備範囲が狭すぎなのでは???
他がめっちゃ汚れそう~~
・・・と老婆心?ながら思いましたが

ではでは~~~(=゚ω゚)ノ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR