FC2ブログ

梅が咲いてますネ


このような写真を見ると・・・春の訪れを感じずにはいられませんネ・・・

冬のようにめちゃ×2寒い日と、春先のような暖かい日が、交互にやって来るようになってきました
毎朝、起きるたびに&早朝にイヌの散歩に出るたびに、今朝は結構暖かいじゃん!!!と思う日もあれば・・・防寒用の手袋無しでは、イヌのウンコさえ拾う気にならない寒い朝もまだまだあります
まさに、ベッドから飛び出る瞬間&散歩に出かけるためにドアを開ける瞬間まで、気温がどちらに傾いているか分からない日々です

梅も咲き、あとは年度末のお役所関係の完了検査を全て終えれば・・・晴れて自由の身になれる

桜が咲く頃には、新しい年度に変わり、きっと現在の書類漬けの息苦しいシバ漬のような生活も終わっているはず・・・
いや終わっていて欲しい・・・

バイクとチャリンコの事だけを考える日々に、早く戻りたい

バイクでAM5時台の朝駆けをしても、指先が凍えなく、気持ちよく三河の奥地まで走れる気候に、早くなって欲しいものです

でも、そろそろ悪夢のR1転倒事件からあと2週間くらいで1年になります・・・
福島原発事故からも1年が過ぎました
テレビや新聞では、同じ事を再度繰り返さないように、イロイロなアイデアを出し合っています
紅のドカも再び、あの悪夢を繰り返さないように、ライテクを1から再構築しつつも、1年の経過に当たって、転倒の原因を再度追求していたりします

最近、納得してきているのは・・・UMA説(これは後にホームページで公開予定)と、ただ単にフロント・ブレーキをガツンと効かせすぎ説です

ドカ996のブレーキ感覚で、R1のラジアル6ポッド・ブレーキを握れば、当然その結果は@@につながりそう・・・効きが全然違いますからネ
でも、家から走り出して数kmの地点なら、その感覚の違いによるブレーキミスも分からなくもないですが・・・
家から遠く離れた峠&峠を何度も走った後・・・でそのような、ミスが起きるのか!?
まだまだハッキリとした真相が見つかりませが、UMA説が当たっていなければ、フロント・ブレーキをガツンとかけ過ぎた説がかなりの有力候補ですネ
いよいよブレーキ操作も研究の対象になってきました
バイクのブレーキ操作も奥が深いですからネ・・・その入り口に立って、奥がどこまで覗けるか・・・これからの勉強次第ですネ

そして、痛い思いは二度と起こしたくないものですからネ
先月に階段で転んで、未だに右肘と右肩が少々痛いので、もう今年の転倒運は使い果たしたと信じていますが・・・
何があるか分かりません・・・
転ばぬ先の杖とは言いますが、転ばない峠の走りを今年は研究していきたいですネ
スポンサーサイト



コメント

§

ブレーキは奥が深いですよね
正直今まで2stばかりだったので
ロードでの4stはエンブレが邪魔です
って言うことはそのエンブレが追いついてしまうくらい
ゆるいブレーキングしか出来てないってことです・・・(恥)

ドカの不恋慕、市販車ではいい仕事すると思うんですが
R1はもっときついんですね、こわ~。

制動力の強いブレーキはようは同じグリップレベルの
Fタイヤを装着している2台の車両であれば
より短い時間でタイヤロックまで持っていくことが出来る
反面同じようなタイヤであればレバーコントロール域が狭いと言うことでもあります。
よりハイグリップなFタイヤを装着していれば問題の先延ばしは出来ますが。

Fサスが荷重で縮み始める前に
ガンッ!と握ると瞬間的にロックしてスッテーンの確立高いです
町などでの飛び出し回避パニックブレーキはこの典型ですよね。

ぐうぅ減衰がでて縮んでからぎゅう~って握り代を絞っていくとタイヤが
グチャッと潰れてグリップが効いて良く効きながら早い時間で速度を落とせますね。
前より先にリアも掛けないと不安定につんのめりますけど。
結局、どんなに巧い人がどんなに良く効くブレーキを使っても
路面と摩擦してるのはタイヤですからタイヤの性能以上の
仕事はさせれない→タイヤはお金が無いときに一番効くチューニングってのは
あたってると思います。

マシンに装着されるパーツ群の性能が上がるってことは
一概にeasyになるだけじゃない。

乗り手も無理せず日々精進ですな~。



§ おっおっ!

分かりやすい解説・・・ありがとうございます!

イマイチ理解力に乏しい紅のドカでも、納得できました!!!

確かにブレーキは、タイヤの性能以上の働きは出来ないですからネ!
タイヤがこれ以上の制動はムリ!・・・と諦めたら、あとはスリップしかありませんからネ
その制動のカギはどれだけ、グリップ力の高い高価なタイヤを履いているかになってくるんですよネ

自分のヘボなフィーリングから思う所を書くと・・・これは本当に思い込みの世界かもしれませんが・・・996のFブレーキは優しいブレーキの効き(コントロール域が広い?)に対して、R1はブレーキの効き強い(コントロール域が狭く)感じます
キャスティングとラジアルマウント、4PODと6POD・・・見た目から来る思い込みの性能差が、自分の意識レベルを強く染めこんでいる気がしますが・・・

コメントの通り、Fサスが荷重で縮み始める前に、ガツンとFブレーキを効かせてしまったのかもしれませんネ・・・恥ずかしながら

初めのブレーキタッチはゆっくりグゥ~と効かせて、Fサスの縮みと共にギュ~ゥと握り代を絞っていく感じですネ・・・
自分はここまで、しっかりとブレーキをマネージメントできていないので、名古屋のドカさんのコメントの通りに、ブレーキ精進をしてみよう思います

分かりやすいコメント、ありがとうございました!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR